物忘れ予防サプリメント

うっかりを防ぐ物忘れサプリメントを評判や売れ筋から選びました

物忘れ予防サプリメント

物忘れ予防の基本は、バランスの良い食事と定期的なトレーニングです。新しいことに挑戦したり、新しい環境に行ってみることも脳の活性化につながります。食事は、肉中心よりも魚中心が良いと言われています。最近では、魚の油に含まれるDHAやEPAが脳の萎縮を抑え、認知機能低下の効果が示唆されています。

 

ただ、毎日マグロやさんまを食べることは難しいです。そこで、魚の油に含まれるDHA,EPAを豊富に含んだサプリメントを上手に活用して物忘れ予防に役立てましょう。

 

物忘れ予防サプリメント

物忘れ予防サプリメントならNo.1のきなりの特徴

DHAやEPAにナットウキナーゼ、更に世界的に注目されている素材であるクリルオイルが含まれています。

DHAやEPAはサプリメントの一日の摂取量が500rであり、たった4粒の摂取で目安量をクリアできるため青魚を食べる機会が少ない人や魚嫌いの人に向いています。

ナットウキナーゼの発酵酵素と抗酸化作用が非常に高いアスタキサンチンが含まれるクリルオイルも合わさり、新鮮な栄養素を体中に届けることが出来ます。

血液はサラサラになり、生活習慣病の予防にもなるので不規則な食生活になりがちな人にも健康維持のために欠かせません。

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 税込・送料無料
物忘れ予防に小林製薬のDHAサプリメントの特徴

ナットウキナーゼは、一日の目安量が2000FUとなっておりたった一粒で一日に必要な分を摂取することが出来るので他にもサプリを飲んでいる人や出来るだけ飲む量を少量にしたい人に向いています。

更に、通常の玉ねぎよりもケルセチンを豊富に含むさらさらレッドやDHA、EPAも含まれているため血流を良くし高い抗酸化作用が得られることからエイジングケアにも良いと言えます。

納豆独特の匂いがないので納豆が苦手な人でも食べられ、同時に青魚や玉ねぎなどバランスよく栄養が摂れます。

初回購入が税込み、送料無料で1134円になるので試しやすい価格設定になっています。

価格 1134円
評価 評価4
備考 税込み・送料無料

サントリーウエルネスオンライン

サントリーのセサミン入り物忘れ予防サプリメントの特徴

DHAやEPAが豊富なため、体内では作られにくい必須脂肪酸をしっかり摂取することが出来ます。

その他にも、若さを維持する栄養成分であるセサミンや玄米由来の健康促進成分であるオリザプラス、大豆由来で抗酸化力の高いビタミンEなど種類豊富な栄養が含まれているのが特徴です。

一日4粒で色々な栄養が同時に摂取できることから、バランスの取れた食事が出来ていない人、激務が続きがちな人、健康診断が不安という人に向いています。

栄養素は、単体よりも複数合わさることで相乗効果が得られるので吸収率も高めることが出来るようになります。

価格 4950円
評価 評価4
備考 定期コースがお得、税別・送料無料

 

物忘れ予防サプリメントの前に、ただの物忘れと認知症との違いを知る。

物忘れ予防サプリメント

「何だか最近物覚えが悪くなった」「記憶力に自信がなくなった」「思い出すのに時間がかかる」などの症状に悩んでいる方が増えています。ある程度の年齢になると、そのような症状はどんな方でも経験したことがあるのではないでしょうか。

 

だんだん増えてくるように感じて、不安に思っている方もいらっしゃいます。その症状が、年齢とともに起こる加齢による物忘れなのか、それとも病気として位置づけられている認知症なのか判断に迷い、相談できずに悩んでしまうこともあります。

 

しかし、今、認知症は、現代の医療では完治することは難しい病気です。しかし、早期に発見し、内服することでその進行を遅らせる薬がたくさん開発されています。保険診療で処方できる薬も数種類あり、飲み薬のほか、肌に貼るパッチタイプなどもあります。

 

この薬が有効に作用するために大切なのが、「早期発見」です。ご本人やご家族、周囲の方がいち早くその方の異変に気づき、早期に医療機関の受診、治療の開始につなげることが大切です。

 

しかし、患者さんは、自分ではなかなか認知症の症状に気づかない場合があります。不用意に物忘れを指摘すると、患者さんの自尊心を傷つけてしまい、ご本人が間違いを認めないだけでなく、指摘した方との関係が悪化する場合もあります。では、どんな症状に気をつけてみると、早期発見につながるのでしょうか。

 

まず、その方の物忘れの症状について考えてみましょう。例えば、多くの方が、「昨日の朝ごはんに何を食べたか」突然聞かれると、誰でも答えるのに時間がかかってしまうのではないでしょうか。思い出すのに時間がかかりますね。

 

しかし、「昨日の朝ごはんを食べましたか」と聞かれた場合はどうでしょうか。ほとんどの方が「食べた」「食べていない」を即答できます。認知症による物忘れでは、「経験自体」をすっかり忘れてしまうことが起こる場合があります。これは、短期記憶の障害によるものです。例えば、約束したこと自体を忘れる、買い物に行った事自体を忘れてまた買い物に行く、ヒントを与えても出来事を思い出せない、などです。

 

この記憶障害に付随して起こる症状で、周囲の人を悩ませるのが、「物盗られ妄想」です。短期記憶の障害によりしまい場所を忘れてしまったとき、紛失の原因を「誰かに盗られた」ことに転嫁させてしまう症状です。

 

一般の物忘れ症状では、探し物は努力して見つけようとし、見つかったときには自分がそこにしまったことを思い出すことが多いのですが、それができません。この「物盗られ妄想」は、身近な家族などを犯人にする傾向が見られ、家族関係の悪化につながることもあります。

 

その他の認知症の特徴的な症状として、

新しいことはすぐに忘れるが、昔のことはよく覚えている
自分にとって不利なことを隠そうとしてしまう
正常な状態といつもと違う状態が混在している
失敗や混乱を知られないように取り繕うような態度をとってしまう
身近な人に対して症状が強く出る傾向がある
マイナス感情はよく覚えている(出来事は忘れているが感情だけは残っている)

 

等の傾向があります。
これらの症状が見られた場合には、周囲の人が早期受診を勧めましょう。

 

物忘れ予防サプリメントの前に、物忘れ外来なども考える。

物忘れ予防サプリメント

では、どんな受診先を勧めれば、早期受診につながるのでしょうか。少し前までは、精神科受診を勧められることが多かったのですが、これは患者さんも敷居が高く、早期受診、早期発見につながらない傾向がありました。最近では、心療内科、神経内科などに「物忘れ外来」などの診療科がある病院がとても増えてきました。

 

気軽な気持ちで受診できるように、予約なしでも受診できる病院や、患者さん本人が受診に抵抗があるときには、ご家族だけの受診でも初診受付してもらえる病院も増えています。

 

どこの病院にかかったらよいかわからない、という場合には、最寄の地域包括支援センターや市町村窓口などで相談に乗ってもらえます。介護保険の申請についてなどもあわせて相談すると、診断後の介護サービスやリハビリについてもアドバイスを受けることができます。

 

診断方法は、患者さんとの面接で、症状の度合いを確認します。これは、記憶力や判断力、数的推理力などを総合的にチェックするテストです。あわせて、頭部のCTやMRI、PET検査などを実施し、症状が認知症以外の器質性の病気(例えば、水頭症や脱水、脳腫瘍などでも似ている症状が出る場合があります)由来のものではないかの確認や、たくさんある認知症の類型の中で、どのタイプにあてはまるのか等を診断します。

 

診断がついた場合の多くの場合、薬による治療の開始、介護サービスやリハビリでの症状進行の抑制などが勧められます。また、ご家族や周囲の方には、患者さんと接する際の注意点や、上手な接し方のアドバイスもしてもらえます。

 

早期発見ができれば、症状の進行を遅らせることができ、自立して生活できる期間が長くなることが研究でも明らかになっていますので、忘れっぽいなどの症状で悩んでいる方には、ぜひ早期受診をすることをお勧めします。

 

物忘れ予防の基本は食事と運動

物忘れ予防サプリメント

物忘れの予防法としてサプリメントやアロマ、予防グッズなどが注目されています。物忘れ予防のトレーニングを市町村で実施しているところもあります。以前にテレビで紹介されていた物忘れ予防のトレーニングとしては、計算をしながらスキップしたり運動することでした。

 

頭を動かしながら、体も動かすということが物忘れ予防に効果的といわれています。食事としては、昔ながらの日本食が良いとされています。肉よりも魚を中心として、みそ汁や野菜がたっぷりな食事が物忘れ予防に効果が期待されています。ただし、日本食は、漬物やみそ汁など塩分が多い食品もあり、摂りすぎは塩分過多となり、高血圧を招きます。

 

高血圧が続くと動脈硬化が進みやすく、脳梗塞や症状が出ないまでも、ラクナ梗塞といって、CTやMRI上でわかる小さな脳梗塞を起こしやすくなります。塩分はほどほどに日本食を続けるようにしてください。

 

認知症の薬として知られている薬

物忘れ予防サプリメント

認知症で広く使われている薬として、

塩酸ドネぺジル(商品名アリセプト)

が知られています。
他には新規のお薬として

メマンチン(商品名メマリー)

ガランタミン(商品名レミニール)

貼付剤として

リバスグミン(商品名リバスタッチ)

が知られています。

 

もちろん、通販で購入することはできませんから、しっかりと病院で診断を受けて使うようにしてください。

 

物忘れを予防するためにはサプリメントを摂取

物忘れ予防サプリメント

きなりというサプリメントには、DHAやEPAが多く含まれています。
これらの成分は記憶力アップの効果が見込めるのですが、逆に考えると物忘れの予防に効果があるともいえます。
最近、物忘れが激しいと自覚があるうちはまだ始めることができますが、自覚がない方は中々こういったサプリメントには手を出しませんので、今のうちに試してみるのが良いとは思います。
物忘れの予防の他にも、様々なメリットがあります。
例えば活力が湧いてきます。
きなりを飲んだ翌日は、飲まない日に比べて元気が違うという口コミは非常に多いです。
きなりにはアスタキサンチンが含まれており、このアスタキサンチンがDHAやEPAを逃すことなく体に吸収させてくれるため、他のサプリメントに比べて著しく効果が見込めるのです。
活力が湧いてくるので、物事を見る目も変わってきます。
しっかりと物事をとらえることができるようになりますので、物忘れという部分についてもしっかりと予防ができるのです。
きなりは物忘れの予防の他にも、ナットウキナーゼの効果で血液がサラサラになったり、脳卒中や心筋梗塞といった動脈硬化の予防も見込めます。
きなりを飲んで、自分の体をもう少し労わってみてはいかがでしょうか。

 

なぜサプリで物忘れが改善できるの?

 

物忘れ予防サプリメント

 

血液をサラサラにするサプリの中には、物忘れに改善にも役立つとされているサプリがあります。
どのような成分がどのように働いてもの忘れの改善に繋がるのか確認してみましょう。

 

物忘れ改善に効果のある成分はDHA(ドコサヘキサエン酸)

DHAはもともと私たちの脳内にある記憶や学習を司る海馬という部位に存在する成分です。
海馬に存在するDHAの量が多いほど脳が活性化され、考える能力、記憶する能力が高まると言われています。
脳の入り口には脳を守る為に血液脳関門という部位がある為、多くの栄養素は脳内に入っていくことができないのですが、DHAは脳内に侵入することのできる数少ない栄養素のひとつです。
その為、身体の外部からDHAを摂取することが、物忘れの改善に役立つのです。

 

認知症を改善する効果

認知症の一種であるアルツハイマーは、脳の神経細胞が萎縮してしまい、正常な判断力を失ってしまう病気ですが、DHAには神経細胞を修復する働きもあります。その為、認知症の改善をサポートするという効果もあります。

 

精神状態を穏やかにする効果

DHAにはストレスを緩和させるという働きもあります。そしてストレスが緩和されることによって、精神状態が穏やかになります。

 

DHAにはそれ以外にも血液の循環を良くする、中性脂肪やコレステロールを減らす、視力を回復するなど様々な良い効果があるので、DHAを摂取することは総合的に健康を維持することに繋がります。

 

記憶力のトレーニングとサプリで物忘れを予防

 

物忘れ予防サプリメント

 

こんな経験をしたことはありませんか?

 

  • 何かをする為に立ち上がった後に、あれ?何をするのだったかな…?と思うことがある
  • 玄関の鍵を閉めて出てきたかどうか不安になる
  • 散歩の途中近所の人に出会ったが、名前が思い出せない

 

このような物忘れは加齢による物忘れなので、年齢を重ねると、誰でも経験することです。
このような物忘れをこれ以上増やさない為には、記憶力のトレーニングが役に立ちます。

 

記憶力を反復する習慣をつける
 学生の頃は毎日新しいことを覚え、記憶するという作業を繰り返していました。その結果、脳は常に活性化されていましたが、大人になると新しいことに出会う機会が減っていきます。その結果、考える習慣から遠ざかってしまう傾向にあります。忘れてしまった漢字や英単語を再び記憶するなど、反復して覚えるという学生時代の習慣を今の生活に取り入れてみましょう。
身体を動かす
 出かける用事がないと何日も家から出ないというようなことはありませんか?体を動かさないと、血液やリンパ液の循環が滞るので、脳の働きも停滞してしまいます。1日に数十分のウォーキングをして体を動かしましょう。また、景色の変化、空間の匂いの変化など、環境を変えるということも脳の活性化に大きく影響します。

 

反復学習やウォーキングを日常生活に取り入れるとともに、サプリメントで記憶力低下を予防しましょう。

 

 

物忘れ予防サプリメントおすすめはやっぱり【きなり】

物忘れ予防サプリメント

認知症ではない、一般的な物忘れなら、バランスの良い食事と定期的なトレーニング、それにサプリメントの活用も考えてください。サプリメントの中でも話題なのがDHAサプリメントです。魚の油に主に含まれるDHAやEPAが認知機能低下を遅らせる可能性が示唆されているからです。

 

さくらの森のDHAサプリのきなりには、イワシやサバなどの青魚に多く含まれているDHAやEPAが豊富に配合されています。この必須脂肪酸であるDHA・EPAは、世界的にも摂取を推奨されている日々の健康にかかせない成分です。

 

世界的にも認められ始めているDHA・EPAですが、そういった健康に良い成分を気軽に摂取できるため、日ごろ仕事などで忙しい方々におすすめのサプリです。古くから日本人に親しまれてきた食材に魚がありますが、近年では欧米食を含む食の多様化によって魚介類を摂取する年々機会が減少しています。

 

そういった日々の生活に不足しがちな魚食不足を気軽に補うことができるのが、DHAサプリのきなりです。特に同じようなサプリの中でも、きなりに含まれるDHA・EPAはトップレベルの含有量を誇っているため、健康補助に最適のサプリです。

 

きなりの特徴はクリルオイルというオキアミから抽出された赤いオイルを使用していることで、このオイルのアスタキサンチンがDHA・EPAの酸化を防ぎ、ダイレクトに効能を体内に吸収することが可能となります。その秘密はクリルオイルが水に溶ける性質が鍵で、水に溶けるということはその分消化器官で吸収しやすいことになります。

 

このクリルオイルの効果が他のサプリにはない特徴です。値段も初回申し込みが67%OFFと良心的で、その後も33%OFFで継続して購入しやすい価格設定になっています。一日4粒飲むだけで日々の健康を維持でき、魚臭くないため魚が苦手な方でもそのまま飲むことができます。

 

うっかりの物忘れが気になる人は、ぜひDHAサプリメントのきなりお試しください↓

物忘れ予防サプリメント